ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
2018.05.31
いつも手元に置いておきたくなる木製の幾何学玩具
 現在、飛鳥工房と商品開発を進めているのですが、今年2月、第1回ミーティングのために飛鳥工房を訪れた際、ショー […]
2018.05.16
自分のものづくりの再出発点となった初期伊万里の皿
 この初期伊万里の皿は、小中高と同級生だった十四代今泉今右衛門さん(当代)のお父さん、十三代今泉今右衛門さん( […]
2018.03.31
大人女子がときめく「かわいい」有田焼
 有田焼の絵付作家、たなかふみえさんと出会ったのは2016年。佐賀県有田焼創業400年事業の一環で、私が執筆し […]
2018.02.28
脇役なのに愛でずにいられない唐津焼の魅力
 唐津焼は、古めかしい陶器で、現代の暮らしの中では使いにくいでしょうか? いえいえ、そんなことはありません。器 […]
ご訃報
青磁作家として日本の陶芸界をけん引してきた、佐賀県武雄市在住の人間国宝(重要無形文化財保持者)、中島宏さんが3月7日にご逝去されました。私どもは、ピースウィンズ・ジャパンを指定した佐賀県へのふるさと納税の返礼品に中島さんの作品を取り扱わせていただいておりました。心からご冥福をお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆さまにはお悔やみを申し上げます。

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税で伝統工芸を支援