ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
お店

弓野人形(ゆみのにんぎょう)/江口人形店

_DSC10283A

博多人形師が武雄市弓野地区で人形を作り始めたのは明治時代。今から130年以上も前のことです。博多人形に近かった原型が次第に温かみやユーモラスさを増し、今の人形になりました。粘土を型に塗りつけて延ばし、素焼。その後に手作業で彩色して仕上げます。
作り手が減少するなか、江口さんは奥さん、息子さんと3人で家業として制作を続けています。

事業者 江口人形店
工芸名 弓野人形
TEL 0954-28-2028
住所 武雄市西川登町大字小田志14900
お買い物 工房で商品の購入ができます
体験・見学 【体験】絵付け体験 800円
【予約方法】電話予約 10日前まで
5人まで
絵付をした後は音を鳴らして遊べる鳩笛が子供に人気。お部屋のインテリアとしてもお勧め。
【見学】工房見学 無料
予約不要
人数制限なし

お問合せ:江口人形店(武雄市西川登町) TEL:0954-28-2028

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税でもらえる