ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
お店

鍋島緞通(なべしまだんつう)/鍋島緞通吉島家

DSC05735e

鍋島緞通の誕生は300年以上前の江戸元禄年間。最大の特徴は縦糸、横糸ともに上質な木綿を使用していることです。日本の風土に根ざして制作された鍋島緞通は冬暖かく、夏はひんやりと1年を通して使うことができ、歳月を経ることにより、さらに優しい風合いとなります。
方眼紙に描いた図案を見ながら一段ごとに織り込む作業はすべて手作業。一人前の織り手になるには5年は必要と言われています。

事業者 株式会社鍋島緞通吉島家
工芸名 鍋島緞通
TEL 0952-24-0778
住所 佐賀市赤松町1-28
定休日 不定休
営業時間 10:00~17:00
駐車場 無料駐車場有 3台
体験・見学 【体験】なし
【見学】鍋島緞通ミュージアム 無料
鍋島緞通の歴史を概観できる1階ミュージアムと、現代の逸品を間近に見ることができるシールーム
予約不要
10名以上でご来場の際は事前にご連絡ください
URL www.nabeshimadantsu.jp/

お問合せ:鍋島緞通吉島家(佐賀市赤松町) TEL:0952-24-0778

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税でもらえる