ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
つくり手

佐賀錦

精緻な技から生まれる優雅な装飾の美「佐賀錦」

武家より200年伝えられてきた織物「佐賀錦」

金箔を貼って細く切った和紙をタテ糸にして、竹のヘラで拾いながら絹の細い糸を織りこみ、網代(あじろ)や紗綾(さや)型、菱形など多種多様な模様を手仕事で織り上げる佐賀錦。絢爛豪華で気品があり、優雅な美しさから「日本の美術工芸品の白眉」ともいわれます。
佐賀錦振興協議会 その佐賀錦の誕生は今より遡ること200年。江戸文政年間の頃、鍋島直彜(なべしま・なおのり)の正室であった柏岡の方が病に伏せっていた際、部屋の網代(あじろ)組みの天井の美しさに大変心を惹かれ、そのデザインを暮らしの小物(織物)に反映させたのが始まりいわれています。佐賀錦は1910年(明治43年)の日英大博覧会への出品以来広く知られるようになり、平成5年には佐賀県指定伝統的地場産品に指定。現在は佐賀錦振興協議会がその技を伝えています。 DSC00941A

奥深さを感じながら日々わずかづつ織り進めて

佐賀錦振興協議会の会長・前島梅子さんが佐賀錦に出会ったのは昭和50年ごろのこと。職場の教室で「きれいだな、程度で始め、途中で止めてしまった趣味」でしたが、平成10年の退職後、より本格的に織り始めたといいます。「佐賀錦は細いタテ紙をヘラで拾って織り上げていくもの。織っても織っても、何日もかかって出来上がるのは、小さな財布ひとつだったり。単純な作業だけに難しい。少しずつ織り上がっていく過程、織る技術も段階がありますので、織り上げていく達成感と作品づくりの達成感が、今まで続けて来れた理由なのかもしれません」。

DSC01072A DSC01061A
グレード感もある普段に使える「いい」モノづくりを

前島さんも技術を学んだ佐賀錦振興協議会の教室は現在11教室、会員も170名を超えて、織りの技術を広く伝える活動を続けています。「講習会に参加して一人前になるのはだいたい5年。色合わせや仕立て方などの基礎をしっかりと教えるんです。5年を過ぎてお客様の目に触れるものが出来上がる。教室の講師にも個性がありますし、織り手も学んだ技術を基に新たなモノを創り出す。伝統工芸を次の世代に伝えていくためには、停滞していてはだめなので、その時代に合った作品づくりをしていかないと。佐賀錦は筥迫(はこせこ)や帯締めなどの和装小物から始まりましたが、今ではバッグの形も変わりました。例えばブローチやイヤリング、名刺入れや眼鏡ケースなど。大切にしまっておくのではなく、普段に使えてちょっとだけグレードのいいモノ。伝統の重み・プライドがありながらも<これだったら使える>と思っていただける作品を作っていきたいと思っています」。

佐賀錦振興協議会
佐賀錦
住所:佐賀市松原4-3-15 佐賀市歴史
民俗資料館 旧福田家内
TEL:0952-22-4477
営業時間:9:30~16:30

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税でもらえる