ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
つくり手

肥前びーどろ(佐賀市重要無形文化財指定)

宙吹きの技を今に伝える伝統工芸品「肥前びーどろ」

江戸末期から続くガラスの工芸の手技を守って

「肥前びーどろ」のルーツは江戸時代末期・嘉永5(1852)年、佐賀藩が近代的な軍備研究のために洋学(蘭学)者などを集め設立された理化学研究所である「精錬方(せいれんかた)」。この精錬方に科学実験用のビーカーやフラスコ製造のためにガラス窯が作られたことに始まります。この精錬方は明治維新後に民間会社となり、薬瓶や酒瓶、金魚鉢や「燗瓶(かんびん)」と呼ばれる酒器などを製造。日常の暮らしを彩るガラスのうつわとして佐賀でも広く普及しました。副島硝子工業はこの会社から明治36(1903)年に独立・開窯した、肥前びーどろの伝統を今に受け継ぐただひとつのガラス工房です。
_DSC10035A DSC00608A _DSC09977A

息遣いだけで決まる、柔らかなうつわのライン

ガラス工房の家に生まれ育った副島正稚さん。大学卒業後に企業で働いていたこともありましたが「工房の人手が足りないこともありました。が、いつかは家に戻ってこようと思っていましたので」。
副島硝子工業 肥前びーどろの特長は、型を一切用いない宙(ちゅう)吹きで作られること。とくに燗瓶は、器体と注ぎ口を2本の硝子棹(吹き棹)を用いる「ジャッパン吹き」の技法で製作されています。「うちは型を使って整形しませんので、がっちりした形のうつわ、というよりも、ふわっとした形のうつわ。宙吹き特有の柔らかなラインを意識したうつわが多いですね。とくに硝子竿を使って作るうつわは、器形が息遣いだけで決まりますから。とくに古くからある燗瓶は形が綺麗ですね」。 DSC00858A

工房に伝わる技「ジャッパン吹き」を守りたい

「最初はアシスタントで工房に入って、技を見ながら覚える。宙吹きの息遣いなどはどうしても口で伝えてもわからないので、自分でやってみて。見ながらやりながら」。 とくにジャッパン吹きは1本の棹を用いて宙吹きで器体を成形しながら、もう1本の棹で注ぎ口を作り上げていく高度な技。2本の竿を巧みに操る様子を「うちでは二刀流と言っています」とのこと。一人でこの工程ができるようになるまでには、少なくとも10年ほどの修行が必要で、今この技を伝えているのはこの工房だけなのだとか。
「うちで製作するうつわ全てが硝子竿を使うということではなく、鉄棹を使って作るものもあります。ただやはり二刀流で作るジャッパン吹きがいちばんの技。ジャッパン吹きは本当に難しくて、自分が工房に入って10年目なんですが、まだ全然できていませんね。自分ができる限り製作を続けて。ジャッパン吹きを次代に伝えていきたいですね」。

副島硝子工業株式会社
肥前びーどろ
住所:佐賀市道祖元町106
TEL:0952-24-4211
営業時間:9:00~18:00

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税でもらえる