ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
つくり手

肥前名尾和紙

佐賀県重要無形文化財の手漉き和紙「肥前名尾和紙」

最後の1軒として300年の紙漉きを守る

佐賀市から車で40分。脊振山系の山あいの名尾集落に紙すきの技法が伝わったのは、今から300年以上前の元禄12(1699)年。「肥前名尾和紙」は農家の副業として地域に根付いた佐賀県の重要無形文化財いう手漉き和紙。その名尾和紙の技を継承するのは、明治9(1877)年創業の「谷口手漉(す)き和紙工房」。6代目の谷口祐次郎さんが家業を継いだのは25年ほど前のことでした。
肥前名尾和紙 「昔は紙漉きをする家が100軒ほどあったといいますが、うちだけという状態にまで減り、父も高齢に。その頃はバブルの時代。自分も後を継ぐつもりはなかったのですが周囲の薦めで<ダメだったらサラリーマンに戻ればいい>程度の軽い気持ちで後を継ぎました」。 DSC09135A

日常生活で広く使ってもらうための工夫と加工

名尾和紙は、名尾集落周辺にのみ残っているという「梶(カジ)」を使って作られます。梶は繊維が長く、和紙を漉く過程で繊維同士が絡みつき、薄く漉いても破れにくいのが特長です。「家業といっても梶の栽培から紙漉き、出荷まで全部自分ひとり。部品を仕入れて組み立てる、みたいな分業の仕事ではないのでゼロから自分でやる、そこが面白い。親の仕事を見て、教えてもらったこともありますが、やっぱり自分で試行錯誤しながらやってみないとわかりません」。
DSC09127A 現在の名尾和紙に見られる色染めや押し花などは裕次郎さんが始めた工夫。「薄くて丈夫な名尾和紙は、提灯や障子など人の印象に残らない部分に使われてきました。紙を漉き問屋に収めるだけでは生活も苦しいということもあり、一般の人に日常で使ってもらいたいと考えて、便せんや封筒などの加工も始め、販売も始めました」。 DSC09721A

工業製品にはない「手作りの文化」を若い人に

直接販売で使い手と接するようになり、「直接買ってもらった時は<何に使うんですか>と必ず聞きます。すると自分では想像もつかないような使われ方、例えばコースターとか。照明を作るとか。勉強になるんです」。パッケージやラベルに使われたり、和紙の用途も広がりつつある。
そして残るただ1軒の名尾和紙、となると後継者も気になります。「うちの長男が2年ほど前から一緒に仕事をしているんですよ。長男のことを考えると20代・30代の若い方にも名尾和紙を使ってもらいたい。若い方が手漉き和紙をどう捉えているか分からない部分もありますが、工業製品にはない<手作りの文化>を評価してもらえたらうれしいです」。

肥前名尾和紙
住所:佐賀市大和町名尾4756
TEL:0952-63-0334
営業時間:9:00~17:00

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税でもらえる