ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
お知らせ
2017年6月16日

【メディア掲載情報】美術館・アート情報のWebマガジン「アートスケープ」にピースクラフツSAGAの記事が掲載されました

レベラション全景 1900年のパリ万博のために建造されたグラン・パレを会場に開催されたレベラション 写真:下川一哉

美術館・アート情報Webマガジン「アートスケープ」にREVELATIONS 2017出展の記事が掲載されました。

 

【パリ】ピースクラフツSAGA×REVELATIONS 2017──ファインクラフト運動最前線──前編

 

後編は7月1日に掲載されます。お楽しみに。

ご訃報
青磁作家として日本の陶芸界をけん引してきた、佐賀県武雄市在住の人間国宝(重要無形文化財保持者)、中島宏さんが3月7日にご逝去されました。私どもは、ピースウィンズ・ジャパンを指定した佐賀県へのふるさと納税の返礼品に中島さんの作品を取り扱わせていただいておりました。心からご冥福をお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆さまにはお悔やみを申し上げます。

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税で伝統工芸を支援