ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト
つくり手

唐津焼/藤ノ木土平

唐津焼/藤ノ木土平
(取材写真:藤本幸一郎)

創作の原点は火焔土器!? 自由な発想がユニークな唐津焼を生む

きっかけは九州へのスケッチ旅行

 「自分で使って楽しい、心地良い、使いやすい器をつくるようにしています。まず自分自身が楽しめないといけない」と静かに話す、唐津焼作家の藤ノ木土平さん。その言葉どおり、工房と同じ敷地に建つ自宅や庵(茶室)からは丁寧な暮らしぶりが伝わってきます。例えばピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が佐賀県へのふるさと納税の返礼品に選んだ「斑唐津の抹茶碗」は、両手で包み込めるほどの小ぶりなサイズと奇をてらわない形でありながら、高台にかけてポタリポタリと藁灰釉が不規則に流れ落ちた様子には、なんとも温かで優しい雰囲気が満ちています。普段の暮らしの中で、お茶を点てて楽しんでいる藤ノ木さんの姿が目に浮かぶようです。
 新潟県に生まれ育った藤ノ木さんは、東京で働きながら油絵の勉強をした後、佐賀県唐津市へと移住しました。唐津焼作家の道へ進んだきっかけは、九州へスケッチ旅行に出かけたこと。屋久島、種子島、鹿児島本土、熊本県などを巡った後、唐津市の窯元で窯場の雰囲気をスケッチするため、1週間逗留したそうです。そこで自分自身も土を触ってみると楽しくなり、「じゃあ、焼物をやってみるか」との思いに至りました。元々、油絵を描いている頃から工芸への興味があり、唐津焼や李朝白磁が好きだったと振り返ります。
PWJが佐賀県へのふるさと納税の返礼品に選んだ「斑唐津の抹茶碗」。限定1個のため、現在は品切れ中 素焼きした生地の高台をわずかに削って形を整える

美濃焼の窯元でも修行を積む

 藤ノ木さんは唐津焼の窯元で3年間修行した後、今度は岐阜県可児市に移り、美濃焼の茶陶作家、加藤芳右衛門さんの下で2年間修行を積みました。「当時、唐津焼の泥臭い感じがなんとなく鼻について、もっと洗練された焼物を学びたいと思ったんです。鉄分が多くて荒い土の唐津焼とは違い、美濃焼の土は白くて繊細で、洗練されているように見えたんですね。今はそれぞれに良いところがあると思えるのですが。美濃焼を学んだことで、結果的に唐津焼に対して新たなとらえ方ができたように思います」。
 1980年、藤ノ木さんは30歳になると唐津市に戻り、結婚すると同時に、奥様の実家があった土地に窯を築きました。独立した頃は経済的な余裕があまりなく、半年くらいは新聞配達をしながら作陶を続けたと言います。現在は1年に5回ほど個展やグループ展を開催し、新作を発表しています。そのため1年に6回は登り窯を、1回は穴窯を焚いて、作品づくりに勤しんでいます。穴窯は11日間かけてゆっくりと焼く方式の窯で、燃えた薪の灰を被ることでできる自然釉の焼物を焼くために使用しています。
客を迎える玄関には「太陽と天女陶板」をはじめとする作品が飾られている 藤ノ木さんがつくった釉薬は40〜50種類。藁灰釉だけでも7〜8種類に上る

太陽が永遠のテーマ

 藤ノ木さんが創作の「永遠のテーマ」としているのが太陽と、それに相対する月です。「太陽は人間にとって最も大切なものだから」というのが理由で、これまでに太陽や月シリーズの焼物を数多くつくってきました。例えば「空を飛べるように」と天使のごとく羽を付けた太陽文の壺など、その発想は実に自由で伸びやか。こうした創作の原点は縄文土器の一種である「火焔土器」にあると言います。
 「私の実家の近くに白羽毛遺跡(新潟県中魚沼郡)という場所があり、小学生の頃にそこの資料館で火焔土器を見ました。1万年前にこんな物がつくられていたなんて凄い!と思った、その時の感動が頭の中にずっとあるんです。自分もこれに負けない物をつくりたいと思いました。大人になった今も、火焔土器は日本の焼物の中で最高の焼物だと思っています」と藤ノ木さんは話します。
 藤ノ木さんは「早朝に1人で集中して仕事をしたいから」と、朝3時には起きて仕事をする生活を続けています。現在67歳ですが、「焼物は死ぬまでできる仕事」と、このペースはずっと変わらないようです。藤ノ木さんの作品は、PWJ指定の佐賀県へのふるさと納税でも入手できます。ぜひ一度、ご覧ください。

(杉江あこ/意と匠研究所)

1年に1回、地上式穴窯を使用する 広い敷地内には庵があり、茶室として利用している。藤ノ木さんは客を迎えると必ずお茶を点ててもてなす

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税で伝統工芸を支援