「ピースクラフツSAGA」は認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が実施する佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクトです。

伝統工芸のある暮らし

2020年4月3日

肥前びーどろ/副島硝子工業 副島隆男さん編

江戸末期にルーツがある肥前びーどろを唯一受け継ぐ副島硝子工業さん。型を一切用いない宙吹きが特徴です。現在は色鮮やかできれいな、さまざまな食器をつくられています。副島硝子工業営業部長の副島隆男さんにご自宅での使い方を伺いました。

水色のグラデーションがきれいなアサギボール。2-3人分のサラダにちょうどよいサイズです。

この日は晩酌にウィスキーを。水差しとしてピッチャー大を、グラスにはモールコバルトグリーンカップを使用しました。カップはふるさと納税返礼品にもなっており、男女問わず人気です。

こちらは佐賀県庁のレストランで使用していただいた赤の銀彩丸中皿。銀彩角皿同様銀箔を施しています。よだれ鶏の器として使用いただきましたが、お祝い事にもおすすめです。(写真提供:佐賀県庁)

宙吹きならではの柔らかい角皿の銀彩角中皿(青)。銀箔を施し、高級感を出したこのお皿には刺身を盛っていただきました。

晩御飯と一緒に、日本酒の晩酌に片口アサギ酒器セットを使いました。爽やかな水色で、日本酒好きの方にはもちろん、プレゼントにもおすすめです。

副島さんおすすめ返礼品

最新の伝統工芸のある暮らし

伝統工芸のある暮らし最新記事