ピースクラフツSAGA 佐賀の伝統工芸を支援するプロジェクト

EDITION 2019

EDITION 2019

「ピースクラフツSAGA EDITION」は、2018年から開始したピースクラフツSAGAの商品・作品開発プロジェクトです。佐賀の伝統工芸事業者と国内クリエイターが共同開発を行います。2年目の今年は鍋島緞通吉島家、有田焼の李荘窯業所(りそうようぎょうしょ)、坂本窯陶工房(さかもとかますえこうぼう)、幸楽窯の4つの工芸事業者が参加。「ピースクラフツSAGA EDITION 2019」としてこの秋デビューしました。デザインとディレクションを担当したのは今年2年目となる澄川伸一さんと初年度の半田理恵さん。打ち合わせ、試作を重ね「伝統工芸品を日々の暮らしに」をテーマに、現代の生活にふさわしい商品をラインアップしました。
ふるさと納税の返礼品はピースクラフツ SAGA限定。それぞれの事業者でも販売中です。

鍋島緞通/鍋島緞通吉島家

江戸時代より現在まで、高度な織り技術で時代を超えて人気のある鍋島緞通の新作は、美しい青色をベースとした新しい柄のラインアップ四種です。鍋島緞通は100年以上も色あせずに使用できるもの。そのため今回重要視した部分は、伝統を尊重したうえで、次世代へ繋げていくデザインでした。現在から100年後まで受け入れてもらえる文様を意識し、細かい部分までアレンジし、今までの鍋島緞通にはない作品になっています。手織りも新鍋島も、もちろん品質は最高級。自信を持っておすすめします。デザイン・ディレクションを担当したのは、澄川伸一さんと半田理恵さんです。

有田焼/李荘窯業所

常にアグレッシブで、世界中のシェフからも絶大な信頼のある李荘窯。今年度の新作のひとつは、シルエットの美しさを追求した花入れ。くびれのラインを表現するために試行錯誤を重ね、李荘窯でも初めての試みという吊るし技法を採用した、渾身の作品です。そして、日常の夕食を豪華に彩る、三種のディナープレート。このお皿は縁部分に飛び鉋(かんな)という高度な職人さんの技法が使われています。従来の磁器より衝撃性に強い素材を使用し、重ねてもコンパクトに収納ができます。

有田焼/幸楽窯(徳永陶磁器)

150年以上の歴史ある幸楽窯。小学校の建物をそのまま使ったユニークな工房は国内外の観光客でいつも賑わっています。そんな幸楽窯の新作は、翡翠(ひすい)色が涼しげな、持ち心地の良い焼酎タンブラーと豆皿です。縁金を施し、さらに翡翠色の美しさを際立たせました。刷毛で描いた軌跡の美しさも魅力です。対照的な色彩の赤銅(しゃくどう)もご用意しました。そして、古典的な有田焼の文様を現代に再解釈したカトラリーレスト「リアリタ」。日本的でありながらマルチに使用できる優れものです。

有田焼/坂本窯陶工房

坂本さんご夫婦の気取らない素直な雰囲気で、アットホームな空間の坂本窯陶工房。そんな坂本窯の作品の特徴が、深みのある非常に美しい「瑠璃色」。新作は、その瑠璃色の美しさを最大限に活かしたベストサイズの茶碗です。口元の白いラインのグラデーションがアクセントとなり、ふっくらとした白米がとても引き立ちます。直線的でシンプルなフォルムにもこだわり、フルーツやアイスを盛るなど、さまざまな使い方ができる茶碗を超えた碗です。お揃いの箸置きと小皿も用意しました。

商品テキスト:澄川伸一

デザイナー紹介

澄川 伸一

Profile 澄川 伸一/プロダクトデザイナー
大阪芸術大学教授/澄川伸一デザイン事務所代表
1984年千葉大学工学部卒。ソニーデザインセンター、ソニーアメリカデザインセンターを経て1992年独立。ドイツIF賞、ドイツレッドドット賞、グッドデザイン賞など受賞多数
有田焼のお仕事は10年前に有田で講演させていただいた時からのご縁で、今回も楽しく充実して作業を進めることができました。作業期間中には、佐賀も東京も台風の記録的な被害がありましたが、幸運にも作業に大きな影響なくプロジェクトを完遂させることができました。いずれの作品も自信作揃いですのでぜひご覧ください。

半田 理恵

Profile 半田理恵/グラフィックデザイナー
株式会社LINICA プランナー・デザイナー/半田デザイン事務所代表/京都きもの芸術文化協会教授
千葉工業大学工学部デザイン科学科卒。制作会社にてエディトリアルデザインに携わり、2016年CIを軸にプロモーションツールの制作をメインとした半田デザイン事務所代表として活動を開始。
日本の伝統技術は奥深く、生活の中に「和」を取り入れることで日本の良さはもちろん、洋物の良さも分かるようになります。百聞は一見に如かず。職人の皆さまの高度な技法とモダンで色鮮やかな世界観を、ぜひお手にとってお楽しみください。

県内の伝統工芸制作者の課題や方向性は同じではありません。しかし、ひとつひとつ手作りで作られる工芸品を「より多くの人に知ってもらいたい、長く使ってもらいたい」という想いは一緒です。その想いをカタチとして届けるため、PWJは今後、さまざまな活動に着手します。佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸のつくり手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。

ふるさと納税で伝統工芸を支援